May 21, 2017

京都千秋楽に来ました

京都千秋楽に来ました
昨日、今日と観劇。このところはずっと、千秋楽に次の公演地が決まっていたけれど、今回はそれが無いのが寂しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2017

エルコスのDVDを見直す

鈴木智之さんのシンバを観にいった後、「エルコスの祈り」のジョンの時のことを思い出していたら、無性に観たくなって家でDVDを観てしまいました。

DVDに収録された公演ではジョン役ではないのですが(ジョンは鎌滝さん)、鈴木さんはポール役で出演。正義感が強くてリーダーシップがあり、でも人懐こそうな笑顔のキャラクターを見ていたら、シンバ役となんだか被って見えました。

ダーリーがエルコスのエネルギー源をなめて、いい人になるシーンがとても好き(^^ゞ。

何度かツアー中の公演を追っかけて観ていた時の映像なので、懐かしく見返しました。
出口恵理さんもこの作品で印象に残って覚えた役者さんだったなぁ。
冒頭でエルコスを完成させるために歌うシーンがあるんだけれど、その時の男子3人が鎌滝さん、鈴木さん、、、そしてもう一人も今なら分かった!、、、田中宜宗さんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

触るなっ!

セブンイレブンで発売された「美女と野獣」の一番くじ。

ちょっと出遅れたのですが、GW中に近所のセブンイレブンに行ったらまだ残っていたので、1枚購入してみました。

なんとA賞!!
20171037

コンビニでよくある、700円以上の購入で引いたりするようなくじにはあまり縁が無かったのですが、今回はなんだかめちゃめちゃ運がありました。

家に帰ってさっそく組み立てました。
20171038

家で「ごっこ」ができそうです(^^ゞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

都内で風景印(7):京橋

先日ライオンキングを観に行く前に寄り道。

京橋郵便局です。
20171035

選んだ切手は見てのとおりで、ハガキにあわせたものです。
20171036

京橋郵便局とありますが、場所的には歌舞伎座などある東銀座です。
銀座三越に寄り道をしていました。

20171033

20171034


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2017

追加の春

追加の春
鈴木智之さんのデビューで追加しちゃいました!(松尾さんのバンザイももう一度観たかったので!)

アンサンブルでは何度もお見かけしていましたが、声を聴くのは久しぶり。「エルコスの祈り」のジョン以来かも!

声が厚くて強い!ピンと張った声や、「終わりなき夜」を歌う時の穏やかに響いていく声や、いろんな色使いを感じる声で、自分好みの声を持つシンバでした!

もう一回追加してもいいかも!位の勢いなんですが、楽が近く、キャスティングが続くかどうかとチケット次第です。
夏劇場は早いうちに行くことになるのかも!
楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2017

最後の春…か分からない

最後の春…か分からない
本日、春劇場my finalのはずだったのですが、鈴木智之さんがデビューとか…。
春で上演している内に観ておきたいじゃないですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2017

京都でキャス変

あれ?!ビースト役交代なんですか?

ちょっと突然すぎるような。
まさか昨日慌ただしく動いていた支配人役へ移動なんてあったりするのかしら?

週末、週明けもどうなるか気がかり。まずは落ち着いて待つのみ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャナルシティもQRコード対応に

アルプの福岡リトルマーメイドのスケジュール欄を見たら「スマートチケット」の文字が!

この調子で京都劇場も「オペラ座の怪人」から是非とも!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年4月の備忘録

4月は久しぶりに観劇三昧な月になりました。全ての予定を無事に完了できたし、追加の遠征まで組み込めて満足です。

・君はいい人、チャーリー・ブラウン(東宝)
・紳士のための愛と殺人の手引き(東宝・ホリプロ)
・ハムレット(東芸)
・エレクトラ(りゅーとぴあ)
・王家の紋章(東宝)
・不信(PARCO)
・フェードル(Bunkamura)
・リトルマーメイド(四季)
・美女と野獣(四季)
・オペラ座の怪人(四季)

これだけ行けましたが、佐野さんファントム&光田さんラウルを見逃しているのが後悔。次の機会は頑張りたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美女と野獣(京都2017.4.22MS)

名古屋オペラ座千秋楽以来、やっと舞台上で観られる北澤さん。ビーストは福岡開幕時にちょっと出演されて以来約1年振りです。京都デビューした五所さんとはもちろん初めてのペアで楽しみに観にいきました。

五所さんも久しぶりでしたが、冒頭からずっしりした線を感じるようになり、跳び跳ねるようだった動きもしっとりとした様子になり、雰囲気変わったなーというのが第一印象でした。
前回一番気に入った図書館シーンはやっぱり素敵で、読むところだけでなく、本をいとおしそうに扱う手なども印象に残ります。

北澤さんのビーストがベルと踊るときに宝物を扱うかのようにふんわりとベルに触れるのと、ベルが本を扱う時の手の動きがよく似て見えて、その瞬間、素敵なカップルだなーと感じたのでした。

召し使い役には青羽さんのコッグスワースに丹下さんのルミエールで、一番やかましそう(←好きです)なコンビがこれまた楽しかったです。
丹下さんはしばらくスカットル役で見ることが続きましたが、主人公を元気づける役どころはやはり似合いますね!(「雪ん子」のはやてのげんあたりから、そういう印象が強いです。)

そして今回一番印象に残ったのは、最も久しぶりだった松下さんのモリース!
ベルの肩や背中に手をおくだけで、言葉にしなくてもいろんな事が伝わってきます。親子ならではな姿が素敵でした。
オペラ座のレイエも気になるんですが、モリースでもまだまだ拝見したい方です。

冒頭、お城に迷い混んだモリースの腕を、ビーストが掴むシーンを見て「騒がないでオズ陛下」というセリフを思いだしちゃったのはここだけの話で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«横浜で風景印(2):横浜南